モーニングセミナー講師紹介
    第1164回7月21日(土)
    千葉県倫理法人会 京葉地区地区長
    株式会社グランデ浦安 代表取締役
    佐々木 照子 氏
    第1163回7月14日(土)
    浜松市南倫理法人会 会長 法人レクチャラー
    笑み社会保険労務士法人 代表
    鈴木 美江 氏
    第1162回7月7日(土)
    静岡県倫理法人会 普及拡大委員長
    株式会社浜松白洋舎 代表取締役
    杉原 徳彦 氏
    第1161回6月30日(土)
    浜松北倫理法人会 会長 法人レクチャラー
    エイチ・スマイル株式会社 代表取締役
    袴田 敦志 氏

ニュース&トピックス

会員スピーチ
    「ハイは、喜んで」
    静岡市倫理法人会 幹事
    株式会社コトブキ観光 代表取締役
    佐野 聡
「誠意ある人間関係は、「トレードオフ」を超える」

齋藤佳代氏
静岡市倫理法人会 会員
静岡塾SK株式会社 代表取締役

齋藤 佳代 氏

トレードオフとは何かを選択すれば何かを捨てなければ(犠牲にしなければ)ならないという考え方だがそれは「物理的既成概念」であり、「無理」や「作為」が生じた場合に起こることである。宇宙では基本的に惑星がぶつかることなく軌道を回るように、本来在るはずの「平和的秩序」において「衝突」や「トレードオフ」は発生しない。また人の誠意と努力は無駄な衝突を避ける。

 

講師インタビュー

6月6日に静岡市倫理法人会に入会したばかりの齋藤佳代さんにお話を伺いました。

― まずは入会おめでとうございます。入会した決め手は何だったのでしょうか。

影山会長も素敵な方だと思いましたが、会長を支えようとしている役員の方たちに
誠実さを感じたからです。入会しよう!と即決でしたね。

人は徹底的に信頼できるようになるまで時間もかかるし、お互いの努力も必要です。
信頼できそうな人たち、信頼したいと思える人たち、相手も信頼を求めている方に
私は惹かれます。

今回は、私の事業の事も少しお話しますが、それよりも何故私が倫理法人会に入会
したのか、倫理のどこに惹かれたのかをお話ししたいと思っています。

saito-13

― 今回のテーマは「誠意ある人間関係は、『トレードオフ』を超える」ですね。

人間関係は一番大事で、かつ、時にはとても難しいものですけれども、
そこにトレードオフ概念を持ちこむ人が多いと感じています。
トレードオフ概念とは何かを得るために何かを犠牲にする考えです。

しかし、必ずしもそうではないのではないかと私は言いたいです。

人間には意志があり、どういう関係性を保つことがお互いにとってより良いことか、
何の犠牲も払わないで済むかということをまず考えるはずなんです。

自分がその立場に立った時に、万人幸福の栞(※)に書いてある様に、周りのみんなも
自分も悲しまなくて済む関係作りをしようと思います。そこにはトレードオフという
考え方は入り込む余地がありません。

※第8条「明朗愛和」61ページ
 真に正しい事とは、まず己が救われ、それと一緒に人が救われることで
 なくてはならぬ。

では、どうすれば人とトレードオフのない関係性が作れるかと言うと、
元々人間は自由意志を持っていて・・・

・・・・・ この続きはモーニングセミナーで齋藤さんから直接お話を聞いてくださいネ!

saito-10

― ご自身で自分はどんな人間だとお考えですか。

私自身、自分に(「~しなくてはならない」の様な)ルールを設けていないですね。

誰かと関係性がある時だけ、その人の事を考えてこうした方が良いと決めることは
ありますが、自分自身に対しては、信念に反さないことであれば対応します。

体育会系のノリのアルバイトもやりましたし、ユーモアも含めて柔軟に対応できる
のが良いのかなと思っています。

saito-12

― どんな学生時代を過ごされたのでしょう?

海外で知り合った友人が、さらりと普通にこんなことを言うんです。

「I study how to study.」(どうやって学ぶかを学ぶために勉強する)
「Je suis un(e) etudient(e) de la vie.」(私は人生の学生である)

海外の友人は「人間は一生、学生だ」など哲学的な事を日常会話の中で言うのです。
とても影響を受けましたね。私にとってはかけがえのない「必要な時間」でした。

・・・・・ この続きもモーニングセミナーで齋藤さんから直接お話を聞いてくださいネ!

- それでは6月27日(土)のモーニングセミナーのご講話、楽しみにしています。
  本日はお時間を頂き、ありがとうございました。<インタビュー・小吹 真司>


講師プロフィール

教育:上智大学 法学部 国際関係法学科 国際関係副専攻 卒業
   (卒論:『永久平和に至る条件―政治における宗教の位置―』)
   SAISボローニャセンター IR(国際関係総合) 卒業
   (本部米国ワシントンDC・ジョンズホプキンズ大学大学院)
職務経験:
  大学時代アルバイト⇒エクセルシオール(ドトール系列)、予備校英語講師、幼児英語教育、
      在日日本国大使館(広報文化部インターン・会計班)、A.A.A.(塾)
  社会人アルバイト⇒あくつ、末広鮨、ホテルサンルート清水、マクドナルド(大仁、恵比寿)、
      ガスト(大仁)、モスバーガー(松崎)、伊藤園ホテル(松崎)、すき家(大仁)、
      カルビ一丁(大仁)、レスト・ノーブル(静岡伊勢丹裏の喫茶店)
一般就職:
  大手町法律事務所、静岡塾SK株式会社設立、常葉短期大学講師(日本国憲法担当)、
  NPO法人静岡塾設立(任意団体として3年活動)現在に至る。

ホームページ : 静岡塾SK株式会社 http://www.shizuokajuku.jp/