モーニングセミナー講師紹介
    第1232回11月16日(土)
    (株)関西商事 代表取締役
    静岡市倫理法人会 青年委員長
    玉山 太郎 氏
    第1231回11月9日(土)
    (株)瀬戸大同 代表取締役
    瀬戸旭倫理法人会 相談役
    加藤 太伸 氏
    第1230回11月2日(土)
    株式会社Cocoro fit 代表取締役
    竹原 義人 氏
    第1229回10月26日(土)
    静岡市倫理法人会 女性委員長
    ローズ社会保険労務士事務所 代表
    髙橋 真由美 氏

ニュース&トピックス

会員スピーチ
    「入会し、10年目に入りました」
    静岡市倫理法人会 相談役
    株式会社SHISEI 専務取締役
    劔持 光江
 
気が付いたらすぐする

小川 敏宏 静岡市倫理法人会 青年委員長
有限会社小川木工所 取締役社長

小川 敏宏


初めまして、静岡市倫理法人会青年委員長を務めさせて頂いております、
有限会社小川木工所 取締役社長の小川敏宏です。

私が今、取り組んでいる事は「気が付いたらすぐする」ということです。
倫理法人会では基本的な実践の一つです。

倫理法人会に入会して5年程経ちますが、わかっていても中々実践を出来ずにいました。
いつも「後でいいや」「まだいいや」と、気が付いても後回しにしてしまうのが私の短所でした。

そんな状況から私を変え実践に導いてくれたのは柴犬の愛犬「小鉄」の死でした。

それは、平成28年9月4日の日曜日の事でした。その日は倫理法人会の役員任命式典がありました。
式典が終わり懇親会も終わりに近付いた頃、何気にスマホを見ると多くの着信がありました。

それは、自宅からでした。
何事があったのかと電話をすると母が

「小鉄が交通事故にあって、死にそうだよ!
 栄子(妹)に連絡して来てもらっているけど、敏宏も早く来なさい!」

「わかった!すぐ戻る」

急いで会場を後にして家に戻りました。

小鉄はすでに妹によって、近くの動物病院に運ばれていました。
病院に駆け付けた時には、小鉄は息を引き取った後でした。

母の話では、

「車に跳ねられた後、近所の人達が小鉄を玄関まで運んできてくれて
 その時はまだ生きていて、最後は玄関から居間に上がって
 敏宏がいつも居るパソコン台の前で伏せた後、吐血して動かなくなったんだよ」

と言うことでした。

事故の原因は自分にありました。

小鉄を繋いであるリードが切れそうだったのを前々日から知っていました。
リードを変えようと翌日もホームセンターの前を通ったにもかかわらず、
私は新しいリードを購入しませんでした。
そして当日も「今日1日大丈夫だろう。」と変えることをしませんでした。

その結果、小鉄のリードが切れ、散歩コースに行き、
事故にあって、死んでしまったのです。

「何故あの時リードを変えなかったのか。
 変えていたらみすみす小鉄を死なさずにすんだ」
と自分を責めました。

瀕死の状態で、どんな思いでパソコン台まで来たのだろ。

小鉄の思いを忘れないためにも、
小鉄がいた証を忘れないためにも、
小鉄の死を無駄にしないためにも、

この「気が付いたら、すぐする」実践を続けて行きたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。