モーニングセミナー講師紹介
    第1174回9月29日(土)
    浜松西倫理法人会 会長
    (株)ジー・ディー・エス 代表取締役
    矢野 剛一 氏
    第1173回9月22日(土)
    三島市倫理法人会 会長
    (有)きもののむらき 代表取締役
    木村 英治 氏
    第1172回9月15日(土)
    静岡市倫理法人会 会員
    フラクタル心理カウンセラー
    内藤 ようこ 氏
    第1171回9月8日(土)
    NPO法人開発教育Funclub 代表
    アース(明日)カレッジ校長
    静岡市校長会事務局長
    肥田 進 氏

ニュース&トピックス

会員スピーチ
    「ハイは、喜んで」
    静岡市倫理法人会 幹事
    株式会社コトブキ観光 代表取締役
    佐野 聡
「創業20年、夢が止まらない!~倫理に出会えてラッキー!~」

強矢到氏 富士市倫理法人会 専任幹事
エコフィールド株式会社
代表取締役社長

強矢 到(すねや いたる)氏

倫理との出会いから、社員大量退社等、経験した苦難の事、
その後の会社の成長と倫理との関わり、そして今社員達と
向かっている夢(目標)についての話。20年経営をやって
これたのは倫理のお陰、出会えてラッキーと思える現在です。

 

講師インタビュー

富士市倫理法人会の専任幹事の強矢到さんにお話を伺いました。

― 講話のタイトルが明るくて勢いがありますね。

私の会社は創業21年目に入りましたが、そのうち15年ほど倫理に
関わっています。もちろん倫理経営を意識してやってきました。

私自身が熱い夢を持っていまして、その事を社員に伝えながら
経営をやっています。倫理との出会いから始まり、実際に起きた
事を講話にしようとまとめていて、このタイトルに至りました。

「倫理に出会えてラッキー!」なんて調子良いことを言っていたら、
今期は成績が芳しくなく、大幅に売り上げを落としてしまいました。

でも、いよいよ「苦難福門」が来たか!と明るく捉えています。(笑)

強矢-02

― 倫理法人会に入会した当時のエピソードをお聞かせください。

私は富士市倫理法人会の立ち上げ時のメンバーです。
ショールームを造ったばかりで、周囲からの強い勧めで、そこを
富士市倫理法人会の事務局にすることになりました。

ある方(以下Aさん)から、3年間も熱心に倫理法人会への入会を
誘われていたのですが、そのたびに「地元の富士市にも出来たら
入るよ」と言って、断り続けていました。

そしたら本当に富士市に倫理法人会が出来てしまって・・(笑)
Aさんから「約束だよね!」と言われて、しぶしぶ入会しました。

モーニングセミナー(以下MS)の中には、興味を惹かれる面白い話も
あったから、自分が聴きたい話があった時だけ参加すれば良いのだと
軽い気持ちでいました。ところがそれは甘い考えでした。

富士市の初代会長は、ミスター倫理の異名を持つ、鋳物良雄さん
(現 沼津市倫理法人会相談役)でした。

「事務局が強矢さんのところにあるから、強矢さんは事務長だね!」
と鋳物さんから明るく言われました。

入会したばかりで、言われている事がよく理解できないでいると、
「MSのときに書類だけ持って来てくれればいいんだよ」
と教えて下さいました。

なんだ、それだけだったら自分でも出来るよね。
でも待てよ、持って行くという事は毎週MSに出なくてはいけないのだ、
とそこで初めて気が付きまして!そうなるともう、後の祭りです。(笑)

最初は嫌々参加していました。挨拶実習も大変違和感を感じていました。

でも、事務局やっていると色々な人と出会って名刺交換しますし、
朝の清々しさに気が付き出したら、ある時からMSに参加する事が、
心地よく感じられる様になりました。

ちょうど、マラソンで苦しい時間帯を乗り越えると急に楽になったり、
楽しくなってくる、所謂「ランナーズハイ」の様な状態でしょうか。

そんな状態になるとMSの講話の内容が、すっと心に入るようになりました。

強矢-10

― 倫理経営とは具体的にどんなことをされたのでしょうか。

倫理は実践だと教わりましたし、まず試さなくてなりません。

では朝礼をやろう!と、会社で朝礼を始めました。
最初は4名で始めて、今は20人くらいになりました。始めてから
もう15年くらい経ちますね。倫理の形通りの朝礼をやりました。

そのうちに社訓を作りたくなりました。社是は既にありましたので。
社訓はもう「明朗、愛和、喜働」しかないだろう、と。(笑)
倫理のエッセンスをどんどん会社に入れて行きましたね。

朝礼もブラッシュアップし、『職場の教養』を読み、皆で感想を言う
様にしました。今は『万人幸福の栞』を、毎日1条ずつ読んでいます。
それについて私が思う事や、私の具体的な体験談を話します。

新卒者を採用した時も、最初から当たり前のようにやっています。
倫理が当たり前の会社になってきたら、お客様から褒めて頂ける、
そんな社員ばかりになってきました。

富士研(倫理経営セミナー)にも私は4回行っていますし、
社員にも行かせています。

今回、富士研に行って、改めて「7アクトがいいな」と思いました。
会社に戻ってすぐに7アクトの唱和も始めました。拡大コピーして
カードケースに入れて。社員はみんな、やってくれますよ。

と、ここまで良いことばかり話しましたが、15年の間には凄い事も
起こっていまして、実は・・・

・・・この続きはモーニングセミナーで
   強矢さんから直接お話を聞いてくださいネ!

強矢-01

― 強矢さんの未来に向けたお仕事についてお聞かせください。

3年前に、銀行など外部の方に向けて「10年計画」を発表しました。

すべては、このドリームマップに従って事業を行なっています。
要は「世のため人のために働く会社になる」ということですが、
そのために事業として何をやっていくのか。

根底にあるのは「もっとeco化」。これを1つ1つやっていきます。
本社社屋を持ちたいということで、今いる建物をリフォームして、
この4月にオープンし、esola(エソラ)と名付けました。

今までは住宅を販売するだけだったスタイルを、
これからは生活に関する産業まで幅を広げようとしています。

本社「esola」を舞台に、家具を売ったり、無農薬で作った野菜を食べて
頂くレストラン機能を備えたりとか。またここがセカンドライフを
楽しむシニア世代のコミュニティの場になればいいなと思います。

アウトドアが好きな人向けに、富士山の宝永火口のトレッキングとか、
自転車の好きな人向けに、鎌倉まで自転車を積んでバスで行き、
現地で組み立てて現地を走る、大人の修学旅行を企画しています。(笑)

今日はママのための小さなお子様の写真を上手く撮る講座をやって
いますし、昨日はシニア向けのフラダンスの講座をやりました。

楽しい情報を発信し、既存のお客様を含め大勢の方に集まって頂く、
それだけでは別に仕事になるわけではありません。esolaを通じて
知り合って頂いた方同士で新たな繋がりが生まれたら素敵ですね。

私は京セラの稲盛和夫さんの教えが好きで勉強もしていますが、
倫理とすごく重なる部分があると感じています。
きっと元々の根源は繋がっているのだと思います・・・・

・・・この続きもモーニングセミナーで
   強矢さんから直接お話を聞いてくださいネ!

強矢-08

― 強矢さんは一度MSに来られなくなって、復活されたのですよね。

そうです。富士宮倫理法人会が富士市倫理法人会から分かれて
新設された頃、女房が乳がんになり、MSに行くのを止めました。

倫理の良さは分かっていましたので、一般会員として継続しました。

一昨年、恐る恐る久しぶりに行ってみたら、当時の倫理の後輩の
影山伸和さんが会長をやっているし、温かく迎えられて安心しました。
7年掛かって、ようやく元の位置に戻りました。

とりあえず20年会社経営をやってこれたのは、自分にとっては奇跡ですよ。
能力の無い、こんな私が何故20年も経営できたのかと思います。(笑)

すべては周りの方たちのお陰なのですが、周りの方の8割以上は実は
倫理法人会に関係する方たちなのです。逆に関わっていない方は、
倫理に関わるように勧誘しちゃったのですが。(笑)

倫理法人会に戻った途端に、ある大きなお取引の話を頂きました。
まだ戻って何ヶ月の頃でした。このご縁も不思議だなぁと思います。

商売したくて倫理法人会に入会する人もいると思いますが、
そういう方はすぐに分かってしまうし、きっと長続きしません。

倫理を長く続けているか、倫理の真髄を分かっているかということが、
私の中で安心して仕事を任せられるかどうかのバロメーターになって
います。

強矢-07

― 最後に、強矢さんの倫理体験をお聞かせください。

必要な事が必要な時に起きる。必要な人が必要な時に現れる。
そんな体験をしました。本当に不思議です。

以前、外溝工事(庭工事)を受けるショールームをやっていました。
日曜日は社員が交代で当番に入っていました。お客様も来るかどうか
分からず閑散としていましたし、社員は本音を言えば休みたいのです。

ところが、私が当番をやると、2組、3組とお客様が来るのです。
その来た方が、本当に良いご縁になって長く続くのです。

姿勢の違いもあるのかも知れませんね。私は、朝一番で植木に
くまなく水を撒いて、もうウェルカムの気持ち満々でいますから!

来て欲しいというオーラを出しながら待つのか、
当番だからしょうがないという気持ちで待つのか、
これが大きな違いを生みますね。

心に思う事が、本当にそのまま現実になるのだなと思います。

最近では、影山伸和会長のご縁で音楽イベントに関わっているのですが、
こちらが会いたいと思う人に次々と出会えることが出来たのです。

スポンサーを依頼しようと思っていた会社の担当者が、こちらが電話連絡を
しようとした時に、向こうから上役を連れて会いに来てくれる、という
不思議な体験をしました。

そんなことが、短い期間に連続して起きたのです。

自社で番組を持っている、ある会社の社長様はスポンサーを受けて
頂いただけでなく「そんな面白い企画ならそのバンドにウチの番組に
生出演してもらおう」とまで言って頂け、決定してしまいました。

本当に不思議なくらい、求める人が向こうからやってくるというのは、
偶然にしては多過ぎると思っています。

「倫理をやっているからこうなった」という言い方はあまりしたくない
のですが、倫理を実践していると不思議なことがちゃんと起こるのです。

ちゃんと起こる、というのは変な表現ですけど。(笑)

「倫理を実践したのだから、良い事が起こるだろう」と期待する気持ちを
捨て去ったら、その途端にこんな良い事が起きてきました。

そもそも影山会長が一番最初に弊社を紹介してくれたことから始まった話
です。影山さんは「最初に強矢さんの顔が浮かんだ」と言っていました。

その時に私を思い出して頂いたこと自体がとても嬉しい事ですね。

だから、あれだけ断り続けた倫理に、こうしてご縁があり復活出来ましたし、
諦めずに3年間も誘い続けてくれたAさんに改めて感謝したいですし、
倫理と縁が切れなかったのは本当にラッキーだなぁと思う昨今なのです。

強矢-06

- それでは9月26日(土)のモーニングセミナーのご講話、楽しみにしています。
  本日は興味深いお話をして頂き、ありがとうございました。<インタビュー・小吹 真司>

講師プロフィール

(生年月日)昭和33年3月25日 埼玉県で生まれる、4歳の時、父親の転勤で沼津市へ
                 血液型 O型
(学歴)  昭和55年 日本大学生産工学部 管理工学科卒業

(職歴)  昭和55年 晃和住宅株式会社   入社
      昭和59年    〃       退社
      昭和61年 日榮住宅資材株式会社(現ナイス株式会社)入社 
      平成 6年       〃             退社
      平成 7年 エム・サポート 個人創業(住宅工事の下請け)
      平成20年 エコフィールド株式会社へ社名変更

(倫理歴) 平成14年入会 事務長・専任幹事・副会長を経験し、現在2度目の専任幹事を拝命中

(趣味)  ゴルフ・ツーリング・映画鑑賞

ホームページ : エコフィールド株式会社 http://www.emunoie.com/index.html