モーニングセミナー講師紹介
    第1164回7月21日(土)
    千葉県倫理法人会 京葉地区地区長
    株式会社グランデ浦安 代表取締役
    佐々木 照子 氏
    第1163回7月14日(土)
    浜松市南倫理法人会 会長 法人レクチャラー
    笑み社会保険労務士法人 代表
    鈴木 美江 氏
    第1162回7月7日(土)
    静岡県倫理法人会 普及拡大委員長
    株式会社浜松白洋舎 代表取締役
    杉原 徳彦 氏
    第1161回6月30日(土)
    浜松北倫理法人会 会長 法人レクチャラー
    エイチ・スマイル株式会社 代表取締役
    袴田 敦志 氏

ニュース&トピックス

会員スピーチ
    「ハイは、喜んで」
    静岡市倫理法人会 幹事
    株式会社コトブキ観光 代表取締役
    佐野 聡
「私の倫理体験」

小吹真司 静岡市倫理法人会 幹事・MS副委員長
トラヤテレビサービス株式会社 営業本部長

小吹 真司 氏


体験してきたことを正直にお話します。少し不思議な体験もしました。
今現在も続けている実践についてもお話ししたいと思っています。




 

講師インタビュー

静岡市倫理法人会に入会して5年目となる今年は、モーニングセミナー副委員長を務めている
小吹真司さんにお話を伺いました。

― 静岡市倫理法人会に入会して、丸4年。入会のきっかけを教えていただけますか?

当時は前の会社で営業として勤めていて、まあ、営業の一環として入会をしたというのが
正直なところですね。それでも、朝早く起きることは苦にならなかったし、毎週のモーニング
セミナーには通い続けていました。

ところが会社の事情で一度退会せざるを得なくなり、しばらく個人事業主として参加していました。

なぜ、そうまでして倫理を続けたかというと、ここに来ると、いい影響をもらえる方たちに
出会えるからでしたね。本音で話が出来る人や悩みを聞いてくれる人など多くの人に助けて
もらいました。

その中でも特にお二人の講話は衝撃的でしたね。

obuki2new

お一人の方(H氏)は、前の会社を辞めようかと悩んでいた時にズバリのアドバイスを頂きました。
その後も落ち込んでいる時に何度か偶然にお会いして、その都度元気を頂くことができました。
その方とは、ご縁があったのだと思います。

もうお一人の方(M氏)は、講話の最中になぜか自分の心のひだに言葉が入り込んできて、涙が
止まらなくなってしまい、モーニングセミナーが終わっても一人会場の外で泣いていました。
僭越(せんえつ)ですが二人の心が共振したとでも思えるような体験です。


― 4年前のご自分と今を比べて、変わったところを教えてください。

そうですね、仕事でもプライベートでも出会う人が変わりました。
今まで立場が違って遠い存在だった方が、先方から話掛けてきて戴けるようになったことですね。


― 倫理を実践してきてどのような体験をされましたか?

いろいろありますが、お墓のエピソードは本当に不思議な体験をしました。先祖代々のお墓を自分が
移動することになってしまったのですが、今思い出しても、なぜあれほど上手に進められたのか
信じられませんね。だって普通お墓なんてなかなか移さないですよね!?
何代ものお骨が入っているわけですから、バチが当たりたくないし!

祖先のことだけではなく子供にも、なにがしかの影響を与えられているのかなと感じることがあり
ます。特に私の人格を形成した卓球をやっている子供たちに、その光景を目にすることがあります。
子供は私の心を映しますねぇ。

obuki3new


― ところで小吹さんはこのHPの講師インタビューを担当されていますが、
 そこから得たものは何ですか?

こんなに貴重な役ができるなんて、人生の中でもそうそうないのではないかと思っています。
素晴らしい人生の先人が実際に体験してきた話を、私が独り占めして聴けるわけですから。

皆さんに共通して言えることは「伝えたい!」という思いですね。
普段物静かな方ほど、その思いの強さを感じます。
私は「伝えたい」を「伝える」役割です。大変やりがいのある役を得たと感謝しています。

毎週で大変だろうって?? とんでもない! この役は人には譲れませんよっ!(笑)


- それでは1月10日(土)のモーニングセミナーのご講話、楽しみにしています。
  本日は興味深いお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。<インタビュー・村松 秀雄>




講師プロフィール

平成23年1月 静岡市倫理法人会 入会
静岡市倫理法人会 幹事
トラヤテレビサービス(株) 営業本部長
静岡市卓球協会 常任理事 大会運営部長 兼 広報部副部長
個人事業主 伝真 代表
女房、高校生の息子2 人と4 人家族

ホームページ: トラヤテレビサービス株式会社  http://www.e-toraya.jp