モーニングセミナー講師紹介
    第1174回9月29日(土)
    浜松西倫理法人会 会長
    (株)ジー・ディー・エス 代表取締役
    矢野 剛一 氏
    第1173回9月22日(土)
    三島市倫理法人会 会長
    (有)きもののむらき 代表取締役
    木村 英治 氏
    第1172回9月15日(土)
    静岡市倫理法人会 会員
    フラクタル心理カウンセラー
    内藤 ようこ 氏
    第1171回9月8日(土)
    NPO法人開発教育Funclub 代表
    アース(明日)カレッジ校長
    静岡市校長会事務局長
    肥田 進 氏

ニュース&トピックス

会員スピーチ
    「ハイは、喜んで」
    静岡市倫理法人会 幹事
    株式会社コトブキ観光 代表取締役
    佐野 聡
「倫理とわたし」

安藤真知子氏
静岡県倫理法人会 女性委員長
ピアノ調律あんどう 代表

安藤 真知子(あんどう まちこ) 氏

究極の三日坊主のわたしが唯一続いている「倫理の学び」
ここから始まる素敵な世界をみなさまにお伝えします。



講師インタビュー

平成28年度の静岡県倫理法人会の女性委員長を務めておられる安藤真知子さんにお話を伺いました。清水倫理法人会で安藤さんが講話され、その朝食会の後で、インタビューに応えて頂きました。

- 安藤さんは色々な単会で講話されていますよね。

山本尊久前静岡県倫理法人会会長の時に、静岡県の役員が色々な単会を巡行するシステムが出来ましたので、私も静岡県の殆どの単会に行かせて頂き、講話させて頂いています。

講話する時は、バランスを考えながら話さないといけないと常に思いながら話しています。
そうするのは、単会毎に聞きたい内容が変わってくると思うからです。

自分たちの力で会をどんどん運営して行こうという勢いのある単会では、どちらかと言うと私のプライベートの話を中心にしています。

一方、人材不足や倫理の普及で悩んでいる単会では、どうやって人を留めておくかとか、どんな点に人は共鳴して入会してくれるかなどをお話ししています。

安藤-04

- 今朝の講話では安藤さんが実際に行われた普及の話をされましたね。

ある女性を入会まで導く結果になったのですが、その方は土曜日の朝しかモーニングセミナーに行けないと言うのです。そこで土曜日にやっている他単会のモーニングセミナーに彼女と一緒にしばらく通いました。

私にとってその単会はアウェイですけど、ご本人はどの単会に行こうがもちろんアウェイですよね。なので、出来るだけ彼女を受け入れる体制が整っていることが大事だと思いました。

それが出来たのは、県のお役を受けてその単会にも行かせて頂いたので、私を知っている方がその単会にいた、という下地があったからだと思います。

本当は自分の単会のために努力しなくちゃいけなかったのかも知れませんが、結果的には良いことをしたと思っています。その方は長く続けてくれて、今も倫理を学んでいます。明日その単会で講話する予定のKさんという方です。

本人は「入って良かった」、紹介した単会は「入ってくれて良かった」と言う、そういう関係が築けたことが一番いいなと思ったことです。

・・・この続きはモーニングセミナーで安藤さんから直接お話を聞いてくださいネ!

安藤-12

- 安藤さんが倫理に入ったきっかけは何だったのでしょうか。

大竹美保子さん(愛知県倫理法人会 平成27年度女性委員長)にお会いしたことです。

当時、私は生活と仕事の両面で人生の岐路に立たされている様な状況で、非常に苦しんでおりました。2、3の仕事を掛け持ちでこなし、自分が看板を背負ってやっていくだけの覚悟を決めるため、色々な勉強会に出ていました。

そんな時に、たまたま誘われて大竹美保子さんの講演を聞きに行ったのです。同じ働く一人の女性として、大竹さんのお話が私の気持ちにマッチしました。

何か1つ芯が通っていることによって、感情で動くのではなく、何が起こっても自分にその原因を求める見方が出来るようになるのだと凄く感じました。

それとモーニングセミナーの朝の溌溂とした雰囲気が、他の勉強会と全然違うと感じたのも大きかったです。

・・・この詳細はモーニングセミナーで安藤さんから直接お話を聞いてくださいネ!

安藤-11

- 倫理に出会った良かったと感じるところはありますか。

私は二人兄弟の末っ子で甘やかされて育ってきましたし、世間知らずのまま生きてきたところに、様々な苦難・人生の荒波を経験することになりました。

その度に自分が鍛えられてきたのですが、それに耐えてこれたのは倫理のお陰です。倫理が無ければ、心の拠り所を探して別の道に走っていたり、周囲にせいにしていじけてしまったり、誰かに依存して精神的に自立できない状態でいたと思います。

倫理が自分を一人の人間にしてくれたと思います。

仕事の面で言えば、一人でピアノ調律だけの仕事をしていたところから、倫理の仲間の協力を得て今までお断りしていた仕事も受けられるようになりました。

根底に倫理の考え方があるので安心してお願いすることが出来ますね。

・・・この詳細はモーニングセミナーで安藤さんから直接お話を聞いてくださいネ!

安藤-03

- それでは11月28日(土)のモーニングセミナーのご講話、楽しみにしています。
  本日は色々な話を聞かせて頂き、ありがとうございました。<インタビュー・小吹 真司>

 

講師プロフィール

1965年 岡山県生まれ 
1984年 高校卒業後・浜松市にある、YAMAHAピアノテクニカルアカデミーに入学
    ピアノ調律技術を習得後、地元(岡山)の楽器店にて、調律師として働く
1986年 電撃結婚のため、浜松へ転居・専業主婦となる
1992年 仕事復帰を決意・嘱託技術者として復帰
1996年 「ピアノ調律あんどう」開業 
2000年 独立戦争勃発 
2002年 袋井市倫理法人会入会 現在に至る
    ピアノを通じて、みなさまの毎日の生活にお役立てが出来るよう働いています。

ホームページ :ピアノ調律あんどう http://m-piano-technica.com/